アフィリエイトブログを開設しよう〜WordPress!ドメイン?サーバー?〜

アフィリエイトブログを開設しよう〜WordPress!ドメイン?サーバー?〜
なこ

わたしたち夫婦がアフィリエイトを始める第一歩として、とにかくまずブログを作ってしまおう!と決めたその日のうちに、ばたばたとブログ開設までを行いました。

ちなみにこのブログはWordPressを使っていて、お名前.comでドメインを取得、mixhostをレンタルサーバーとしています。

【この記事で分かること】

アフィリエイトを目的としたブログ開設のためにどうやってブログソフトを選んだか、また、どうやってドメインとサーバーを取得するサービスを選んだかについて。

ブログ開設手続きの前に、「ブログジャンル」「ブログ名と管理者名」「ドメイン」をなににするかがまだ決まっていない方は、「【初心者向け】アフィリエイトブログ開設手続きの前に決めておくこと」を読んでみてください。

ブログソフトはWordPress一択

アフィリエイトを目的としたブログを作りたいならばWordPress、ということはほとんどのアフィリエイト指南サイトで言われていたので、これは迷いませんでした。

WordPressはブログやサイトを作成できるソフトで、なんと世界中のサイトの約3分の1はWordPressで作られているとのこと。

ゆき

無料ブログじゃだめなの?

かな

無料ブログと有料ブログ(Wordpress)の特徴を見てみよう。

無料ブログの特徴 有料ブログ(WordPress)の特徴

・料金がかからない
・登録や、設定・投稿が簡単
・デザインなどのカスタマイズ性が低く、
 自由に広告が貼れない
・ブログ運営会社の広告がもともとついている
・アクセスが集中すると表示が遅くなる
・アカウント凍結、退会処分
 ブログサービス終了などの可能性がある
・後々有料ブログに移行したくなっても
 手続きが面倒

・料金がかかる
(WordPressは実質無料だが、
 ドメインとサーバーの取得に料金が発生)
・登録や、設定・投稿に知識が必要
・デザインなどのカスタマイズ性が高く、
 自由に広告も貼れる
(HTMLやCSSなどの知識が必要)
・アクセスアップ(SEO)が見込める

ゆき

ちょっとした初期投資と知識が必要にはなるけど、しっかり稼ぎたくてアフィリエイトをはじめるならまさにWordPress一択

かな

そうなってくるとドメインとサーバーを取得しないとだね

(かなりの初心者の方にはWordPressは敷居が高い部分もあると思います。

アフィリエイトはまず続けることがなによりも肝心になってくるので、WordPressの設置で挫折するようであれば、無料ブログから初めてみて、物足りなくなってきたらWordPressへの移行を考えるのもひとつの手でしょう。)

ドメインって?サーバーって?

インターネット上にWebサイトを作りたい…

これを「国(インターネット)」に「建物(Webサイト)」を建てたい、と置きかえて考えるのがよく紹介されるたとえです。

わたしは「建物(Webサイト)」の種類(会社とか店舗とか)のうち、商売を目的にした「一軒家兼店舗(夫婦共同ブログサイト)」を建てたい

「建物(Webサイト)」を建てるのにまず必要なのは、「住所(ドメイン)」と「土地(サーバー)」を取得することです。

なこ

つまり「ドメイン」は、住所のような役割を持つ文字列で、「○○.com」とか「○○.jp」といった部分のこと。

ゆき

このブログのドメインは「ptyukipapa-blog.com」だね。

なこ

そして「サーバー」は、建物を建てる土地のような役割を持つもの
いちから作ることや管理はすごく技術のいることだから、個人サイトでは「レンタルサーバー」を使うことがほとんどだよ。

ドメインの取得(お名前.com)

ゆき

ドメインを「お名前.com」で取得したのはどうして?

なこ

有名だから!

ゆき

え、それだけ〜?

普通の国でいえば、住所関係の手続きは国の運営する近くの役所なんかに出向きますが、インターネットでドメインを取得するには、さまざまなドメイン取得サービスの中からどれかを選んで手続きを進めていくことになります。

ですが、ドメインはあくまでも文字列なので、ドメイン取得サービスによってドメイン自体の性能が変わることはないです。

なので、わたしは単純に国内シェアNo.1だという理由から「お名前.comに決めました。

料金に多少違いはあるものの何百円単位だし…サービス内容にも多少違いはあるものの電話サポートの有無とかだし(きっとかけないし)…くわしく調べる時間がもったいないと判断しました。

有名であれば取得方法や困ったときのトラブルシューティングなど、ネット上に情報が多いこともメリットになります。

\お名前.com/

サーバーの取得(mixhostもしくはエックスサーバー)

ゆき

レンタルサーバーはmixhostを選んでるけど、これもいちばん有名だったんでしょ?

なこ

いや、これはそういうわけじゃなかったんだよねえ。
ちょっとだけエックスサーバーもよかったかなあ、って後悔してるかも。

ドメインに関してはドメイン取得会社によって性能が変わることはない一方、サーバーはレンタルサーバー会社によって料金・質ともに大きく左右されるので、それなりに悩みました。

わたしたちはmixhost」を選びましたが、調べた中ではいちばん有名だったのは「エックスサーバー

でも結局決め手になったのは、「アフィリエイト サーバー」でググったときにいちばん上位に表示されたこちらの記事でした。

【断言】アフィリエイトにおすすめなサーバーは1つだけ【開発者が語る】

今回アフィリエイトを始めるぞ!と奮起する以前から、知識をたくわえるのにお世話になっていたmanablogの記事に「mixhost一択」とあって、一も二もなく決めました。

「とにかく早くブログを開設しよう!」と意気込んでいたのもあって即決。

でも後から調べてみると、同じブログ内で上の記事よりも投稿日の新しいものがありました。

 

【誰でも簡単】初心者におすすめなブログ用サーバーと基礎知識の解説

こちらの記事ではmixhostも悪くないけど、初心者にはエックスサーバーがおすすめとのこと。

ゆき

違うことを言ってる…?

なこ

一見そう思うけど、内容としてはどちらも同じことを言ってるよ。
エックスサーバーもmixhostも機能は充分
大きな違いはmixhostのほうがレンタル料が安いこと。
ただ、エックスサーバーは老舗、mixhostは2017年から人気急上昇したから、エックスサーバーの方がネット上に情報が多めなんだよね。

初心者はネット上に情報の多い「エックスサーバー」、ある程度の知識があれば料金の安い「mixhost」がいいと思います。

なこ

知識はやっていくうちにきっとついてくるので、運営費用が安く抑えられるmixhostを選んで良かったと思える日は来るんじゃないかと思っています

\mixhost/

\エックスサーバー/

ちょっと余談(ムームードメイン×ロリポップ!サーバー)

今回わたしたちが選んで紹介しているのはドメイン(お名前.com)×サーバー(mixhostもしくはエックスサーバー)の組み合わせ。

でも参考にした中ではドメイン(ムームードメイン)×サーバー(ロリポップ!)をおすすめされているサイトもわりと見かけました

メリット デメリット

・初期費用を安くスタートできる
・設定などが初心者には比較的分かりやすい

・アクセスが伸びてくると表示されるのに
 時間がかかることがある
・同時アクセスの負担に耐えきれなくなり、
 限界を超えると503サーバーエラーになる
・上記を解消するために容量を上げると
 結果的にその後の運営費用が高くつく

メリットの方が数としては少ないですが、「安い・分かりやすい」というのは大きな魅力です。

迷いましたが結果的に、いつかたくさんアクセスされるようなブログを目指そう!という意気込みもこめて、わたしたちはドメイン(お名前.com)×サーバー(mixhostもしくはエックスサーバー)を選びました

\ムームードメイン/

\ロリポップ!/

おわりに

わたしたちはWordPress使用を前提に、「お名前.com」でドメインを取得、安くて機能の良い「mixhost」をレンタルサーバーとして使うことに決めて(初心者におすすめはちょっと高いけど人気でネット上に情報の多い「エックスサーバー」)、次のように手続きを進めました。

  1. ドメイン取得の手続き
  2. サーバーレンタルの手続き
  3. サーバーとドメインをつなげる
  4. サーバーにWordPressをインストール

この流れで行い、やっとWordPressを使えるようになります。

かかった費用としては、年間契約でドメイン取得(お名前.com)→約 ¥1,500- 、レンタルサーバー(mixhost)→約 ¥12,000- でした

契約内容や契約時のキャンペーンの有無、クーポンの使用などによって料金は変動するので、参考までに。

と、さらっと書きましたが、なにを使うかを決定するだけではなく、手続きもすこしややこしいので、ググって必ず日づけの新しいフレッシュな上位記事を参考にしてください

(上位にあっても書かれた日づけの古いものは実際と違うところがあるので注意です。)

次の記事からは、WordPressで記事を書く前にした設定、準備について書こうと思います。

\お名前.com/

\mixhost/

\エックスサーバー/